さりげなくきがるねしよう。vol.1 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年の気軽寝(きがるね)!

 

先日、

本当に街で気軽寝(きがるね)をしているのですか?

というお問い合わせをいただきました。

 

きがるねのサイトや、

きがるねのレポートには、

日々の気軽寝(きがるね)の活動を公開していないことに気づきました。

 

これを機会に、

2017年度から始めた街での「気軽寝」を掲載します。

 

最初にあえて一人で気軽寝のデモを行ったものをおきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記念すべき第1回目の気軽寝です。

中野のロータロリー付近で、人生初の気軽寝デビュ〜を、友人にスマホで撮影してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスカレーターの気軽寝は後ろにスカートの女性がいると捕まるのでやめてください。

(追記、うまくやらないと腰をいためます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は郵便ポストに張り付くように「気軽寝」しました。

誰も投函しにきませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改札で気軽寝しました。

全く落ち着きませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気軽寝という公園の新たなオブジェを目指しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴミ収集の場所で気軽寝しました。

ゴミの気持ちが少しわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気軽寝が、五月のどんよりとした雲を晴らさないか試してみましたが、変わりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベンチの下で気軽寝した時、

過去の栄光とかが粉々になり、

かなり自分を見失いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく昼間の野毛で気軽寝しました。

飲兵衛の聖地だけにやや受け入れてくれた感がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気軽寝ってなんなのだろうかを考えて木の下で気軽寝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気軽寝というかジョジョの奇妙な冒険を意識したところは多分にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはなんだか贅沢な気軽寝だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に寝ている人の近くで気軽寝をアピールしましたが、振り向いてはくれませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真昼の公園で気軽寝するとダメになって行く人間の気持ちが非常にわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鎌倉で罰ゲーム中に、観光客になぜか歓迎され、人に囲まれて気軽寝しました。

初めて街で気軽寝してあったかい気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元のヨガ教室で、ヨガに「気軽寝」のポーズを採用しましょうと訴えたら、完全にスルーされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小春日和にお洒落なお店のウッドデッキで気軽寝。

枕も持参していたので心地よかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気軽寝というよりはイナバウアーになりつつありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渋谷のモアイ像に「気軽寝」を添えて。

そんな明るい気持ちで取り組みましたが完全に危ない意味不明な人になりました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ使われることのない遊具と気軽寝の初コラボ。

とても、哀しい気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渋谷のセンター街で黄金の気軽寝をやりました。

わかってきますた。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供、鳩、気軽寝。

とても幸せな気分になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるイケイケな方に「仕事は転がっている。」と言われ、

実際に気軽寝で転がれば仕事が得られるのではと勘違いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は心地よくはなく10箇所以上も蚊に刺されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「あの人また寝てる。」

と、子供達の声が聞こえてきた日です。

 

 

 

 

 

 

気軽寝のつもりが、

体幹のストレッチしました。

心地よすぎてあやうくオブジェに同化するところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

気軽寝しているとひらめきが生まれます。

アイデア出しやクリエイティブな仕事をする方は、

気軽寝すると良いですよという思いを込めて、

「只今仕事中」という幟を添えました。

誰も理解してくれず、多くの方々が私の前を過ぎ去って行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とあるコインランドリーで「只今仕事中」を実施したら、

営業妨害だからやめなさいと優しい助言を知人からいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話変わりますが、

つまらないプライドを打ち砕くためには、

「只今仕事中」をやってよかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

心機一転。

岡本太郎先生の大作のしたで「気軽寝」しました。

いける気がしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スクランブル交差点の白線に化けて気軽寝。

(危険なので素人は真似ないでください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路地で気軽寝。

街の片隅に居場所を見つけた猫の気持ちを思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂場で気軽寝しました。

完全にいないものとして扱われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶんに、自分終わっているなと、思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して「気軽寝」で決めてみました!

何が決まったかはわかりませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

「生活の導線を意識する」

という言葉を聞いて、

さりげなく階段のそばを狙いました。

誰も目を合わせてくれませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカー好きの小学生に「気軽寝」を知ってもらおうと行ったら学校がおやすみの日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスでは市井の公園でこんな感じでくつろぐそうです。

 

気軽寝が市民権を得たら、

こんな感じでヨガマットの上で寝る、

不届者が増えるのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく書庫の静かな中で「気軽寝」しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はち公のしたで「気軽寝」

渋谷では街で寝ている人をたまに見かけるので馴染むのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人きがるねデモを通して、

私は勝手に現代アーティストの仲間入りを果たしたと思っています。

ちなみに絵はかけないし、音楽も奏でられませんが、やや踊れます。(踊らないけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手すりの上で気軽寝するとバランス感覚が鍛えられます。

 

 

 

 

 

 

 

公園、子供、気軽寝。

平和で良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は鳥居のしたで気軽寝して収めます。

 

 

 

 

2017年度の気軽寝を振り返り、

なぜ私「せいけん」は街で寝ることになったのか、

改めてわかなくなりました。

 

なので、

本年(2018年)も、

きがるねとは何かを求めて街で「気軽寝」して行こうと思います。

 

こちらをご覧になったみなさんに一言。

 

「とりあえずきがるねしよう。」

 

きがるね代表 せいけん(本名 矢野青剣)

 

2018年 2月吉日

 

 

 

 

 

 

きがるねTシャツができましたよ。

 

 

みなさま

 

オセアニア〜

 

(それはどこの国でしょう?)

 

日頃、きがるねの活動をそっと見守っていただきありがとうございます。

 

きがるねを始めた変な人の「せいけん」です。

 

活動のちょっとした報告をば。。。

 

2017年1月に産声をあげた、現在のきがるね。

 

(それ以前のきがるねは子供が落書きをしたようなほぼ海底に沈没したウェブメディアでした、実は。)

 

これまでの活動資金を元に、きがるねのTシャツを作りました。

 

 

 

「きがるね」の活動を支援していただき、

そして暖かく見守ってくださったみなさまのおかげで、

ささやかながら団体らしく活動を行えることに大きな喜びを感じております。

 

 

今後もきがるねでは、

ゆたかなつながりを生み出し、

より良い形での人と人とのつながりをデザインしてゆきます。

 

今後とも「きがるね」をどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

2017/2月吉日 きがるね代表 せいけん(本名:矢野青剣)

きがるねvol.7

 

 

 

日時:2018年1月28日(日曜日)18:00~21:00

会場:神奈川県立青少年センター 練習室

 

参加者 17名

 

ゲストファシリテーター 岡村麻美(あさみっくす)

アイスブレイク せいけん/宮下展(すぬ〜ぴ〜)

広報協力 川手隆生(ぷ〜さん)

写真撮影 きがるね運営チーム

レポート作成者 せいけん

 

 

 

こちらのレポートは参加者が追体験できること、

また日頃きがるねがどのようなプログラムを行っているかを、

丁寧にお伝えするため作成しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1時限目

 

 

アイスブレイク

 

 

担当 せいけん/宮下展

 

 

まずは「みんなでコチョコチョ」で参加者の緊張感をほぐします。

 

 

 

 

 

 

次に、手をつないだまま自由に動きます。(アメーバ)

 

 

 

 

 

 

そして、前、後、右、左と、みんなでジャンプして気持ちを合わせます。(方角ジャンプ)

 

 

 

 

 

 

参加者の名前を覚えたのちそれを声に出してパスし合います。(ネームトス)

 

 

 

 

 

 

どんどんスピードを上げることで脳も活性化させてゆきます。

 

 

 

 

 

ブラインドコネクトでペアを作ります。

 

 

 

 

 

各々ペアでブラインドウォークを行います。

 

 

 

 

 

 

 

また、新たにペアを作って、ツンデレへ。

ツンデレは、一人がツンツンして、もう一人がデレデレちょっかいを出すワークです。

 

 

 

 

 

 

今度は各ペアでテレへ。ただ照れ合うだけです。

 

 

 

 

 

 

ここで5分休憩を入れスヌーピーにバトンを託します。

 

 

 

最初にじゃんけん列車を行います。

 

 

 

 

 

一列になったところで「ヘビ鬼」の説明が入ります。

ヘビ鬼とは列の先頭の人が、列の尻尾をタッチする遊びです。

 

 

 

 

 

早速スタート!

 

 

 

 

 

 

続いて、ペアでストレッチを行ったのち、背中を合わせたまま行う「二人鬼」へ。

 

 

 

 

 

 

 

最後に、背中鬼。

背中鬼はみんなが鬼。ただ、背中をタッチされたらアウト。生き残るのはたった一人の鬼。

 

 

 

 

 

 

 

(大変盛り上がりました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時限目

 

 

〜新商品開発からのCMプロモ〜ション〜

 

 

 

担当 岡村麻美(あさみっくす)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、グループを三つ作ります。

そして各グループのみなさん一人一人に二枚カードが手渡されます。

 

 

 

 

 

 

そのカードをめくると絵があります。

 

(面白法人カヤックが作ったブレストカードだそうです。)

 

 

 

 

 

ここでお題が出ます。

カードの絵を見て、頭に思いうかんだことをベースに、昨夜見た夢(嘘のストーリーで良い)を30秒ほどかけて語ってもらいます。

 

 

 

 

みなさんにデタラメな夢を語ってもらうことで、頭のネジをゆるめ発想が広がるための素地を作ります。

 

そこから次のお題である「絵しりとり」に移ります。

 

 

 

 

 

 

各グループでスタート!

 

 

 

(ちょっとずつ出来てきます)

 

 

 

 

 

(グループによって出る量には差があります)

 

 

 

 

 

絵しりとり終了後、本日のメインのお題があさみっくすより発表されます。

みなさんにはこれから商品開発チームになってもらい、「料理絵しりとりのカード」を使って「新商品」を開発してください、と言い渡されます。

 

そのための開発シートが渡されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このシートの上に絵しりとりで出来たカードを適当に乗せてゆきます。

 

例としてスライドを通して説明してゆきます。

 

 

 

 

枕流動食(別名まくらゼリー)=枕の中にある何らかの食べ物をチューブで吸い取ります。やがて枕はしぼみ、枕としての機能が失われます。一度使用したユーザーは定期的に買うことになるであろうそんな商品。倒産を控えた御社の一発逆転商品!

 

 

 

定規包丁=野菜のサイズを測って切らなければ気がすまない、そんな几帳面なあなたにとってのとっておきのアイテム!

 

ラッパシャンパーン=大人のクラッカーとして、吹くとシャンパーンが弾ける、パーティーイベントの必需品。

(取扱注意事項:会社の社長やお偉いさんに行う際は事前に確約をとってください。見切り発車はついでに首も飛びます。。。)

 

 

 

メダカプセル=メダカの入ったカプセルを料理に添えることで、心が安らぎ、食欲増進や味覚に対する満足感があがる可能性があります。フランス料理あたりで取り入れて欲しいと思います。

 

 

だいたいのイメージができたところで早速各グループで新商品開発スタート!制限時間は15分。

(ちなみに、あさみっくすより、どんなアイデアでも否定せずにまずは乗っかるというルールが告げられます。)

 

 

 

(とりあえず何も考えずにカードを置いてみる。)

 

 

 

 

 

 

(料理開発シートの上にカードを置いて雑談することで、思いもよらなかったアイデアが浮かび、皆がそれに乗っかってたくさんの商品を開発して行きます。)

 

 

 

 

私が気に入ったのは「コアラのゲロ焼き」です。

もんじゃ焼きってゲロっぽいイメージがあります。

可愛い動物のゲロならプラマイゼロでいけるんじゃないかという方向で生まれました。

ちなみに開発チームによるとコアラは草食だからヘルシーだそうです。

 

 

 

 

 

 

開発時間終了後、各グループでどのような商品を開発したかを見て回ります。

 

 

(みなさん意気揚々と商品やサービスについて語ってくださいました。)

 

 

 

みなさんが開発してくれた商品・サービスを幾つか記します。

 

  • 酔っ払いBar(or 居酒屋)=店員が酔っ払って接客する飲み屋。
  • ミートボールけん玉=けん玉の玉がミートボールである。
  • コーヒかけスペシャルライス=未知なる味覚へと冒険する中で生まれた新商品。朝食にコーヒーとライスはどうしても食べたいなそんなあなたにもってこい!
  • バケツビール=ピッチャーを超えたボリューム感に加えて、見た目のインパクトで勝負。
  • ボクシングピザ=ピザ生地にたっぷりパンチをしてから焼いて食べます。ストレス発散もできて二度美味しい。
  • レールの焼き芋(焼けるのか?)
  • 猫のひげ焼き(焼いたら溶けるんじゃね?)
  • エンピツパスタ チーズは消しカス(意味不明???)
  • マッチ売りのママが演説するバー(マッチ売りの少女じゃなくて?)

他、多数。

 

 

みなさんの溢れるアイデアの元、本当にたくさんの商品・サービスが生まれました。

 

さてここから最後のお題になります。

 

各グループで、その中から一つの商品を選んでもらい、それをみんなでCM仕立て(or 寸劇仕立て)の1分間のプロモーションを行ってもらいます。

 

ちなみに、その手掛かりとして、シートが手渡されます。

 

ただし、こちらのシートを意識せずに、制作に取りかかってもOK!

 

早速スタート!

 

(まずはシートに書き込むチーム!)

 

 

 

 

(も〜くんを隊長に味付けヒゲレンジャー結成。このチームは完全にシート無視。。。)

 

 

 

 

 

(このチームはシートからわかるように動物愛護団体から訴えられそうな内容。あくまでアイデアですからご理解を。。。)

 

 

 

 

 

 

 

いざ発表!

 

 

 

 

 味付けヒゲレンジャーの発表は、出会ってまも無いチームであるのにもかかわらず、謎めいた一体感がありました。

 発表することを楽しんでやろうという気持ちが見る側をも愉快にさせてくれました。

 昭和のドリフターズのような空気感をありがとうございます。

 結局、味付けのヒゲよりも、彼らのコント劇が目立ってしまうプロモーションでした。

 いずれにせよ、ごちそうさまです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後

 

 

きがるね

 

 

担当 せいけん

 

 

 

 

 

まず光を弱めて空間を自由にあるきます。

 

(気持ちをリラックスして呼吸も深くします。)

 

 

 

 

 

 

(すれ違う人たちと少しコンタクトをとります)

 

 

 

 

 

(人の密度を増すよう中心へと導きます)

 

 

 

 

 

(だんだんスクランブル交差点のようになります)

 

 

 

 

 

 

(みなで背中あわせになり一本の樹をイメージします)

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はみんなで「きがるね」して終わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

横浜で、初となる「きがるね」は、本当に実りある場となりました。

 

運営メンバーの一人一人、ゲストファシリテーターの岡村麻美さん、また参加してくださった皆さんのおかげで、このような貴重な時間を生み出すことができました。

 

決して、主宰者一人の力では成り立ちません。本当に感謝の気持ちで一杯です。

 

今後もきがるねでは、時間はかかっても近道はせず、心を込めて一つ一つ質の高い場を作り上げてゆこと思います。

 

次回、主催事業としての「きがるね」は、3月17日(土)18:30〜20:30で開催いたします。

 

場所は桜木町の野毛地区センターの集会室になります。

 

また、みなさんと共に実りある場を作ることができれば幸いです。

 

きがるねvol,7へのご来場、ありがとうございました。

 

 

 

出前きがるねvol.9

 

日時:2018/1/13(土)12:40~13:00

 

実施先:[マイプロfor kanagawa]

神奈川県主催/NPO法人ETIC運営

 

場所:街のシェアスペースBUKATSUDO

 

レポート作成者 せいけん

 

 

 

 

 

マイプロfor kanagawaというイベントにお呼ばれさ、学生たちの4ヶ月間にわたる最終プレゼン発表会の前に、アイスブレイキングをさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

みなさんにはちょっぴり魔法使いになってもらいました。そして「ピュ〜パン」と幾つかの呪文のような擬音語を唱えてもらい、発表前の緊張をほぐし場の空気を和らげました。

 

 

 

 

その後、ホールの方々ととあるゲームを通じて皆で会場のセッティングを行いました。

 

 

このような機会をいただき本当にありがとうございます。

 

少しずつつながりが広がってゆけたら嬉しいです。

 

 

『身体を使って書くクリエイティブライティング講座』vol.4

 

 

 

2018年1月21日(日曜日) 10:00~19:00

 

http://onomiyuki.com/?p=3327

 

(出前きがるねvol.10としてあります)

 

 

ファシリテーター 

 

作家 小野美由紀

変な人 青剣

 

写真撮影 たに〜

 

(のりぴ〜のカメラ)

 

受講者数 8名

 

レポート作成者 せいけん

 

 

 

 

ようこそ。

 

(たに〜作)

 

 

2018年の最初の、

クリエイティブライティング講座へ、

お越しいただきありがとうございます。

 

 

こちらのレポートは、

受講者が追体験できること、

また、日々の暮らしの中で埋もれる感性を思い出すよすがとして、

愛を込めつつも非常に雑さを生かして毎度作成しております。

 

 

 

 

主催の小野美由紀さんが丁寧な挨拶を述べ、

いつも通り私にバトンタッチ。

 

 

 

いつものように、

 

 

まずは「みんなでコチョコチョ」で初対面同士の不必要な緊張感を一瞬でとります。

 

 

 

もうちょっとやっていこうと思い、ペアでコチョコチョ大会実施。

 

 

 

 

開始3分で場の空気はどこかのゼミキャンプ並にやわらかくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてブラインドコネクトでペアを作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各ペアでブラインドウォークを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ETタッチで指先を当て気持ちを合わせてゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

つなひき握手でお互いのエネルギーを感じてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

背中を合わせ、

お互いの体重をかけあって立ち上がります。

 

(お互いの力を合わせる感覚をつかんでもらいます)

 

 

 

 

今度は背中を合わせたまま行う「二人鬼」へ。

ペアで一組になったままする鬼ごっこです。

フツーの鬼ごっこと違うのは動き回っているうちに背中が離れたらアウト!

 

 

 

早速スタート!

 

 

(圧倒的に鬼が有利でした)

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、ちょいストレッチを。

 

(お互いの体重をかけあって背中を伸ばします)

 

 

 

 

 

 

(今度は背中に乗せた相手を死体のように完全脱力させます。

上のきょうへいさんはお手本にしたいほどのかなり良い脱力です。)

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずみんなでやります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次はツンデレ。

 

一方がツンツンして、もう一方がデレデレ絡んで行く、熱いワークです。

 

(ちなみに男同士で組んだ場合は絶妙な味が生まれます)

 

 

 

 

受講者の名前を覚えてもらうため、

スパコン級のスピード(うそ)で、

名前を交換するネートムスを実施!

 

 

(活き活きとした空気がどんどん溢れます)

 

 

 

今回初めて新たなワークを行います。

 

ワーク名は「プレゼント」or「ギフト」にしておきます。

 

まずペアを作ります。

そしてお互いをぼんやりみます。

 

相手の持つ雰囲気や人柄から溢れるものをキャッチします。

 

そしてそれを一つの言葉に置き換えて相手に伝えます。

 

万が一、

この言葉は相手を不快にするのではと思った際、

それは外してもらうように伝えました。

 

大切なのは、相手の心をひろげ、ウキウキさせて欲しいから。

 

というわけでシンキングタイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれに、

オパール、快活、あやめの草、杉の木、読めない,

などといった相手に対する言葉が生まれます。

 

実は、ここから先があります。

 

そのペアのままその言葉を口にして相手に届けます。

最初は至近距離の状態からはじめて最後はどんどん離れて行きます。

 

至近距離の時は優しく囁くようにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

離れるに従ってフツーになり声量も増します。

そして、もっとも離れた位置ではあえて怒って怒鳴ります。

 

 

(なんか、とても良かった、これやって)

 

 

 

 

 

触れる。

 

 

 

 

このワークは、

相手のからだに手を当てるだけです。

 

ただその際、

「優しく」「冷たく」「悲しく」

という形容を与えてゆきます。

 

その変化を、

肌の耳をすまて感じてゆきます。

 

 

 

 

ここで5分ほどの小休憩を入れます。

 

 

 

再開後は、

ある種の制約のない、

「無法地帯」のような空間を提供しました。

 

ただぼんやりと、

感じるままに声や音を出して、

空間を自由に歩きます。

 

 

 

 

 

 

ちょっとずつ、

スクランブル交差点のように、

中心へと向かう密度を高めてゆきます。

 

(途中、おしくらまんじゅうのような感じが生まれました。)

 

 

 

 

 

そして、

一本の樹のように、

皆でお互いを委ねる時間を持ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま、

しばらく「きがるね」します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(縁側からの陽がほのぼのとみなさんを包みこんでくれました。)

 

 

 

 

 

これにて午前中の私のプログラムは終わりになります。

 

お昼休憩を取ってから、

メインのクリエイティブライティング講座に移ります。

 

 

 

 

 

最初に、美由紀さんから、

前半のプログラムの感想などを受講者から聞きつつ、

後半のプログラムを行う上での大切な約束ごとを伝えます。

 

 

 

 

 

 

 

そして最初のお題が出ます。

 

「子供の頃にかいていたものを思い出してかきだしてみる」

 

日記(交換日記も)、ノートの端の落書き、ラブレターなどなど。

 

5分という時間で早速スタート!

 

 

 

 

(今回の受講者はのめり込むようにしてかきだしてゆきます)

 

 

 

 

 

 

 

(今回の受講者のアウトプットはテーブルに溢れるほどでした)

 

 

 

印象に残ったのは鉛筆のためのお部屋を作っていたエピソードなどなど。

 

 

 

その後、

各自の席から離れて、

皆さんの子供の頃にかいていたものを眺めて行きます。

 

 

 

 

 

適宜、

気になったもの、共感したもの、クスッとしたものなどに、

ポストイットにコメントを書いてプレゼントします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大喜利

 

 

 

各ペアにある紙が手渡されます。

 

それをめくると、

ある設定の中に、

二人の役があります。

 

 

 

それぞれの役を決めて、

即興で対話文を、

書きなぐって紡いでゆきまます。

 

時間は5分。

早速スタート!

 

 

 

(相談はせず、感じるままに、遊びます)

 

 

 

 

そして、

二人で作った対話文を、

即座にその場で皆に発表してもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次は

絵でかく

です

 

 

 

 

 

 

 

それぞれに与えられたカードの絵を眺め、

そこから浮かんでくるインスピレーションを言葉にしてゆきます。

 

 

 

 

 

 

各々で製作開始。

 

 

 

 

 

 

少しずつ、

小品が出来上がって行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

グループを作りそれぞれにその作品を発表してもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽を聴いてかく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらでとある音楽を流します。

 

しばらくそれに耳をすませたのち、

ふと思い浮かんでくるものを、

感じるままに言葉にしていきます。

 

 

そこから生まれた小品は全てまちまち。

 

 

 

 

(すみかさんの作品のセンスにほとんどが魅了されます。)

 

 

 

 

 

 

 

地域の掲示板にこんなチラシがあったら、

私は行くし一緒にみんなと泣きながらラジオ体操するね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで一旦小休憩を取ります。

 

 

 

 

 

 

休憩後、

作品制作に向けて、

みなさんの脳を開いてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

何をするかというと、

毎度のことながら、

 

 

 

 

ZENマップを利用します。

 

 

 

Zenマップとは、

描いたぐるぐるの中に、

連想する言葉を紡いでゆくだけのものです。

 

(フツーのマインドマップより私は簡単でした。)

 

その中心に

とあるモチーフとなる言葉を

置いて始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

出来上がってきたZENマップを元に、

3人ひとグループでインタビューを行います。

 

 

 

 

 

 

 

二人が、

一人に向けて、

かいてみてどうだった?から、

いろんな質問をあたえてゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

そのプロセスの中で、

本日かきあげる作品の方向性を見つける、

お手伝いをします。

 

 

 

 

 

 

 

ここでまた休憩を入れます。

 

 

 

 

休憩後、

 

 

に突入です。

 

 

 

ただ、

最初は下書き(ラフ)、

程度になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんが真面目に書いているあいだ、

たに〜にお願いして、

きがるね撮影会を開いて私たちは遊んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、

きがるねのポーズがしんどくて、

フツーに一人であの世に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

私が幽体離脱に成功している間に、

受講者のラフ、あるいはすでに本書きが仕上がりました。

 

ここで、

それらをスクリプトにして、

みなさんに聞いてもらうため音読を行います。

 

 

その際、

「大声で」「9歳の女の子に理解できるように」などの注文がつきます。

 

 

 

 

 

早速音読開始!

 

 

 

(まずは大声で)

 

 

 

 

 

 

 

(すみかさんだけは絵もあったので最初から身近で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すみかさんのラフを見て、

一個の壮大なスケールの絵本が出来上がっていることに、

気づきました。

 

 

私が寝ている間に、

こんなプロットができているとは!

 

きがるね、すごい!

 

関係ないか。。。

 

 

そのあと、

この音読のプログラムでは、

最後に自分の下書きを別の人に読んでもらうことを行いました。

 

 

いろいろと感じるものがあったことでしょう。

 

さてここから、

作品を仕上げるにあたって、

大きく二つの道に分かれます。

 

 

・とことん作品を書き進めたい人。

・作品を作るにあたって相手の力・サポートを借りたい人

 

 

5人がそのまま作品作りに没頭し、

3人が他者のフィードバッグを求める形に。

 

 

 

 

(サポートを求める3人に美由紀さんと私が加わります)

 

 

 

 

 

いくつかのヒアリング後、

美由紀さんがだいすけさんに、

グイグイ書けるための超なぞな魔法をかけました。

 

 

 

(結果を伝えると、だいすけ氏は書き上げた作品に対して満足感と達成感を得ました。)

 

 

 

その間、

私は別の受講者に、

こんなお願いをしました。

 

「他人には決して言えないような秘密を書いてくれないか!」

 

と。

 

 

そんなこんなしているうちに、

各々の作品が、

仕上がってゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

いざ、発表!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受講者たちの作品について、

毎度のことながら私の口から伝えるには、

あまりにあまりあるため控えさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

第4回目となる

『身体を使って書くクリエイティブライティング講座』ですが、

今回もまた充実したプログラムとなりました。

 

今回の受講者の皆さんとこの講座の親和性はかなり高かったと思います。

 

子供の頃の思い出をかくときのみなさんのペンの音が、

ステップを踏むようにリズミカルだったのを今も覚えています。

 

 

ちなみに、

作品を共に創り上げる場に関与することは、

お互いの心を共振させそのうちにあるものを何度も掘り起こして行くものだと感じました。

 

 

心が動く繰り返しの中から、

自分の胸の内側を食い破ってでも出ようとするモノじゃないと、

読者のほっぺたをフルスイングでひっぱたく作品は生まれないと思います。

 

 

今後ともそのような場を臆せず作り上げて行きたいと思います。

 

 

「受講していただき本当にありがとうございます!」

 

 

続けます!

 

 

 

 

 

きまま茶ろんvol,1

 

日時:2018年1月7日(日) 14:30〜16:30

 

場所:横浜市民活動支援センター4階

ワークショップ広場

 

参加者:19名(スタッフ含む)

 

ファシリテーター 飯野誉子

受付 山本久美子(やまくみ)

映像撮影/広報協力:竹内竜太

写真撮影:福長昌枝

企画/レポート担当 せいけん

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのレポートは、

「きまま茶ろん」を知ってもらうために作成しております。

 

 

初めて「きがるね」が、

イベント作りのお手伝いをいたしました。

 

 

 

 

 

本日の会場は、

桜木町駅の横浜市市民活動支援センターのラウンジになります。

 

(窓からは横浜のみなとみらいが一望できます)

 

 

 

 

 

早速、

会場のセッティングが整ったところで、

飯野誉子さんとやまくみさんが割烹着を着てのお出迎え。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初のお客さんのNova氏は、

共通の友人であったため、

とりあえず「きがるね」してもらいました。

 

(お茶の会では?と問われましたが問答無用です。)

 

 

 

 

その後、

客として来たはずのNova氏は、

理不尽にも受付係を担わされます。

 

 

 

 

 

 

 

続々とお客さんが来る中でチバさんにもきがるねしてもらいました。

 

チバさん曰く「きがるねじゃなく『ちばるね』だから一緒にしないで」と言われました。

 

(空を見上げている感じが違うそうです)

 

 

 

 

さて。

 

参加者が揃ったところで、

飯野誉子さんより

「きまま茶ろん」のコンセプトが説明されます。

 

 

 

続いて、

各スタッフの紹介も。

 

(やまくみさん)

 

 

(竹内竜太さん)

 

 

 

さらに、

今回のイベントを行うきっかけとなった、

マスマスが運営する「ソーシャルビジネススタートアップ講座」についても紹介。

 

 

(こういう部分をちゃんとやれるのってとても大事だと思います。)

 

 

 

 

 

そして

今日の流れが説明されます。

 

 

このプログラム通りにイベントは進みます。

 

 

 

 

 

ただ最初に、

「ほうじ茶で乾杯したいんだけど、なんかいい案ない?」と、

飯野氏に無茶ぶりされ、

その場で、わたしが「おちゃめな乾杯」を発案しました。

 

熱いお茶の入った湯飲みを一斉に相手のおでこにコツンと当てる、感じです。

 

この際、湯飲みを傾けると、

相手はお茶で大やけどするから、

気をつけてね、と伝えました。

 

早速、皆さんにお願いしました。

 

 

 

(のってくださるみなさんの心の広さに感謝です。)

 

 

 

自己紹介タイム

 

 

とりあえず、

乾杯だけだとあれなので、

同じ席の人同士で、「お名前」「ふだん何してる」「今の気分」

について話してもらう時間を設けます。

 

(お茶を飲みながらゆるい時間が流れます)

 

 

 

 

 

 

おちゃめなクイズタイム

 

 

 

「お茶の木が弱いのは熱いの寒いの?」

という、

知らなくても生きていけるような豆知識的な内容の質問が3つほど飛びます。

 

 

当たっても特に景品とかは出ないですが、

なんか結構あっとほ〜むな感じになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目で楽しむ、茶葉比べ

 

 

 

 

内容は、

カップに入っている5種類の茶葉を、

用紙に書かれた5つの茶葉の名が書かれた枠に置くとのこと。

 

各茶葉の特性を飯野さんが説明してゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから、

みんなで相談が始まり、

茶葉の違いや種類を確かめてゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その間、

やまくみさんは、

空になった湯飲みに適宜お茶を注ぎます。

 

(気がききまくってありがたい限りです)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

各グループで、

茶葉の位置を決定。

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ、

答えあわせかと思いきや、

飯野氏は完全に答えあわせを忘れて次のコーナーに移りました。

 

 

 

 

 

 

大福茶の話と淹れ方

 

 

まずは、

大福茶の由来について説明。

 

 

 

 

 

その後、

お茶の淹れ方についての基本から、

大福茶の淹れ方のポイントについて話してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、

みなさんに大福茶を淹れてもらおうと、

各テーブルにある急須にお湯を入れにきてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

飯野氏が作成したスライドを元にみんなで大福茶を淹れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ、大福茶を試飲!

 

 

 

 

飲んだ感想は普通の日本茶と何が違うのかわかりませんでした。

 

あとあと飲み会の席で、

「普通の緑茶と大福茶の違いがわからない」

とわたしが伝えたら、

「私にもよくわからなかった。」

と、飯野氏も素直に白状しました。。。

 

 

 

 

 

 

 

「Frally]のご案内!

 

 

 

 

 

 

お茶の歓談中、

竹内竜太氏が企画するイベントの紹介が入ります。

 

竹内さんのグループの[Frally]とは、

「家族、友達、味方」という3つの言葉が組み合わさった造語だそうです。

 

「英語でかけがえのない仲間を作り、人生に彩りを与えよう」

という理念のもと、

英会話カフェ、着物体験、VR体験などを企画しているそうです。

 

 

 

 

新年事始めカルタ大会

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、

飯野氏より、

みなさんの今年の抱負を

漢字一字で表したカルタを作成するよう告げられます。

 

ちなみに飯野さんのカルタの漢字は、

「痩」です。

 

読み上げは、

「四キロも 太ったお腹を 戻します」

というものです。

 

早速皆さんにも書いてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

出揃ろったところでテーブルに並べます。

 

 

 

 

 

 

飯野氏の読み上げのもとカルタの小気味の良い「トン」という正月の音が響きます。

 

 

 

 

 

 

 

会場が和やかな雰囲気にどんどん包まれてゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全てのカルタを読み上げたところでイベントの終わりの時間を迎ます。

最後に、飯野さんより本日参加してくださった皆様に向けて、

感謝の気持ちが述べられます。

 

 

 

 

 

 

皆さんの拍手があたたかったです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

第1回「きまま茶ろん」は、

お越しいただいた皆さんの楽しもうという、

あたたかい気持ちによって支えられました。

 

今後の「きまま茶ろん」は、

さまざまな方々とのつながりの中で、

カタチを変えて気ままに開催して行こうと思います。

 

そして、

ほっとひといきから、

生まれるコミュニティーが生まれれば幸いです。

 

お越しいただいた皆様、

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『身体を使って書くクリエイティブライティング講座』vol.3

 

 

 

2017年12月10日(日)13:00~21:00

 

講座URLhttp://onomiyuki.com/?p=3327

 

(出前きがるねvol,8としてあります)

 

 

ファシリテーター 

 

作家 小野美由紀

変な人 青剣

 

アシスタント 山田あかね

写真撮影 森本彩子

 

受講者数 10名

 

レポート作成者 せいけん

 

 

 

 

こちらのレポートは、

受講者が追体験できること、

またプログラムに関心のある方に向けて作成しております。

 

 

 

 

 

まず、主催の小野美由紀さんより、

挨拶と当日のプログラムの流れがのべられます。

 

 

 

 

 

そして、

バトンが私に託されたところで、

早速「みんなでコチョコチョ」を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

一気に不必要な緊張感が取りのぞきます。

さらにペアになってコチョコチョ大会を行ったところで、

小学校でよくやるジャンケン列車を行います。

 

 

 

 

 

 

そして皆さんに一列になってもらいます。

 

 

 

 

 

 

そこでヘビ鬼です。

先頭の人が最後尾の方をタッチするだけ。

 

 

 

(だいぶ子供の頃のように白熱しました。)

 

 

そのあとは円になってもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

そしていろんな方角へと気持ちを合わせてジャンプします。

 

 

 

 

 

 

続いて、

受講者の名前を覚えてもらうため超高速でネームトスを行います。

 

 

 

 

(実はこのワークは眠っている頭の中を起こすのが狙いです)

 

 

 

 

そんでもってペアを作って、

ツンデレ

へ。

 

ツンデレとは、

一人にツンツンしてもらい、

もう一人がデレデレしてそのツンツンしている人にアタックするワークです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次は、

ブラインドコネクトで新しいペアを作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

皆さんに甘酢いっぱい気持ちになってもらうため、

ペアで照れあってもらいます。

 

 

 

まずは、私と美由紀さんで実演です。

 

(世の中のプログラムで照れ合うワークをするところって他にあるのだろうか?)

 

 

いずれにせよ、

皆さんにも取り組んでもらいます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分転換に、

相手の肩に手を置いて歩かせるブラインドウォークで、

ペアで好きなところを歩きまわります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後はちょっぴり「ゆだねあう」ワークを行います。

 

 

 

 

 

 

 

後ろの人が、

前の人の肩に手を置いて、

ゆっくりと揺すってゆくだけ。

 

 

 

(この際、前の人は瞼を閉じて、不必要な力をぬいてゆきます)

 

 

 

 

ちょいとまったりしたところで、

もう少しゲーム要素をいれるため、

二人鬼へ。

 

 

 

 

 

 

二人鬼とはペアで背中を合わせたままする鬼ごっこです。

 

お互いの背中を感じあいながら進行方向を決めて、

鬼は追いかけ、他は捕まらないように逃げて行きます。

 

 

 

 

小休憩を挟む前にみんなで背中鬼へ。

 

背中鬼は、全員が鬼でありながら、背中をタッチされたらアウトという、

一人の鬼が生き残るかなり白熱するプログラムです。

 

 

 

 

徐々に人が減って行きます。

 

 

最後は二人の一騎打ちですが決着決まらず終了。

 

 

 

 

ここで、

一旦5分ほどインターバルを入れてから、

宇宙語会話(擬音語で話す)やまねっこを行います。

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

少しずつ、

スクランブル交差点のように、

中心に向かってみんなが過ぎさってゆく流れを作ります。

 

 

 

 

 

 

すれちがう時に、

そっと相手に触れます、そっと。

 

 

 

 

 

少しずつ、

すき間を狭めてゆきます。

 

 

 

 

徐々に、

背中あわせになってもらい、

中心で寄りそうようにしてゆきます。

 

 

 

 

 

どうしても遠慮しがちなので、

すき間をうめるようにちゃんと導きます。

 

 

 

 

 

 

しばらく、

一本の木をみんなでイメージしてリラックスしてもらい、

最後はお互いに身を委ねあったままフロアーへとくずれてゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これにて、

私の行う「きがるね」のプログラムは終わります。

 

 

10分ほど休憩を取ってから

メインのライティングのプログラムへと移行します。

 

 

 

 

 

 

まず、

プログラムを開始するにあたって、

小野美由紀さんよりルール説明が行われる。

 

 

 

1)相手を批判しない

2)できなくていい

3)自分の好きを大事にする(人の好きをも見つける)

 

 

 

 

 

 

そして最初に、

「子供の頃に書いていたものを思い出して書いてみる」

というお題が与えられる。

 

 

 

 

早速、各々にトライ。

 

 

 

その後、みんながかいたものを見てまわります。

 

 

 

この際、

各自にポストイットが手渡され、

相手の作品の好きなところを見つけて感想を書いてはります。

 

 

 

すると一つの作品に対して皆のコメントが寄せられます。

 

 

 

 

 

 

子供の頃の自分にちょっぴり戻ったところで、

続いてのお題が発表されます。

 

題して

 

「大喜利」

 

 

 

まず、

それぞれのペアに紙が渡されます。

 

たとえばこんなもの。

 

 

 

 

 

 

このお題にそって、

チーターとシマウマの会話を、

即興で繰り広げてゆきます。

 

ちなみにペアによってお題はまちまち。

 

 

制限時間は5分。

早速スタート。

 

 

(ノリにのってサクサク会話を育めるものいれば苦戦するペアも)

 

 

 

うまくいっても、

いかなくても、

それぞれのペアで発表タイム。

 

 

 

 

 

 

お次は

「絵をコトバ」

にするお題が出されます。

 

 

それぞれに絵の描かれたカードが配られます。

 

その絵から生まれるインスピレーションを元にジャンルは無視して創作を始めます。

 

 

 

 

 

そしてそれをみんなに発表します。

 

(彼女だけ身を焦がしたリンゴという絵で返す独自路線を突き進むのがたまらない)

 

 

次に、

新しいプログラムとして、

音楽を聴いてからイメージするものを創作へ転換します。

 

 

 

 

 

 

 

流した音楽は、

坂本龍一の「アクア」

それを聞き終えた後に各々の創作が始まります。

 

 

 

 

 

美由紀さんの指名で「たけしまさん」に発表してもらいます。

 

 

 

 

いきなり、

 

「四月某日は祖母の葬式の日だった。とはいえ、祖母は死んでいない。」

 

という冒頭が読み上げられてゆき受講者の心を一気に惹きつける。

 

その後、

主人公のボクが、

やがて訪れる祖母の葬式の日に向けてリハーサルを行う思いについて淡々と語られてゆきます。

 

ただただ脱帽。

 

 

ここで一旦小休止を入れて、

本日のお題が発表されます。

 

 

今回のテーマは前回に引き続き、

「記憶」

になります。

 

 

 

 

ただし、

これはタイトルではなく、

自分のうちに眠るものをほりおこすためです。

 

そのため、

ラストの発表のタイトルは、

各々に考えてもらうことになります。

 

そして、

その記憶を掘り下げるツールとしていつも通り禅マップを利用します。

 

 

 

 

 

禅マップとは、

紙の上にぐるぐると円を描き、

その中心にキーワードを入れてそこから連想するコトバと絵を紡いでゆくものです。

 

それによって、

自分の頭の中の渦を可視化して、

創作のとっかかりを作ります。

 

 

なにはともあれやってみる。

 

(まずは紙の上にぐるぐる。)

 

(徐々にコトバの連想が広がり渦を作ります。)

 

 

ちなみに、

みなさんが各々の脳内トリップしている間は暇だったので、

これまで写真を撮ってくださった森本彩子さんからカメラを奪い、

私が森本彩子さんにピースサインを求め、みんなにバレないように写真を撮る遊びをしていました。

 

 

 

 

 

私たちがふざけている間に時が経ちみなさんの禅マップが完成してゆきます。

 

 

今度はそれを元にペアでカウンセリングを行います。

 

 

(上記の用紙は相手への質問のサンプルです)

 

 

 

つまり、

相手の頭の渦を見て、

いろんな質問を投げかけて行きます。

 

 

 

 

 

しばらくお互いのきになる言葉を掘り下げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで一旦小休止に入り、

創作モードのスイッチを入れるため、

会場を和室へと変えて皆で移動します。

 

そしてここからは、

各々の禅マップから見えてきた、

もっとも気にかかるキーワードを元に創作タイムの突入です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、

素晴らしい作品が生まれることを願って、

端っこで一人「きがるね」しておりますた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

創作タイムの途中、

美由紀さんの起点で、

書きあぐねている人たちと、

筆が進んでいる人たちという2つのグループを作ることになりました。

 

 

 

 

 

書きあぐねている人たちは端の舞台に席を移して、

何をどのようにして書いてゆくかについて個別に美由紀さんがカウンセリングを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、

書き進めている人たちに対しては、

あえて筆をとめさせて作品の音読を行ってもらいました。

 

 

 

 

この際、

自分の書いたものを、

10メートル先にいる人に向けて届けるように読んでもらいました。

 

 

 

 

 

 

思いっきり声にすることで、

自分の作品のアウトプットになり、

一つ「何か」を超えます。

 

 

その後、

半ば作りかけていた作品を強引に裸にされたところで、

少し趣向を変えた音読を行います。

 

まず、

自分たちの作品を伏せて、

まぜこぜにしてプレゼントしあいます。

 

それぞれに違う作品がいきわたったところで、

今度は相手の作品を9歳の女の子に向けて読み聴かせるように音読します。

 

 

 

(発表まで「きがるね」する予定でしたが急遽ファシリテイトを託されていました)

 

 

 

一旦、

会場がこんな感じに、

真っ二つになりました。

 

 

 

 

 

 

 

その後は、

読み聞かせをしあったグループはペアを作り、

各々のフィードバッグを元に作品の方向性を探りあいます。

 

 

 

 

 

 

 

そして、書きあぐねていた人たちも、

悪戦苦闘の末、

それぞれに道が開けて創作モードへと入ってゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

そしていよいよ発表です!

 

つまり、

できても、

できていなくても、

あるいは自信があってなくても、

ここではみんなの前で発表することに価値があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

今回は、

プログラムを午後から始めたため、

(基本的に午前から始めます)、

受講者はいつもより課題に対する創作の時間や休憩の時間がタイトになりました。

 

正直、

そのようなキツキツな中で、

最後の発表まで創作する集中力が持つのか、

各々に作品を仕上げることができるのかちょい不安でした。

 

が、

蓋を開いたら、

まちがいなく第3回目にして、

クリエイティブライティングは次のフェーズに行きました。

 

具体的に言うと、

何名かの方々の作品の発表が、

個人の発信や消化(カタルシス発散)で終わるだけでなく、

一つの作品の種として発表され、

やがて読者を生み出す可能性を、

ほのかに、

あるいは強烈に、

匂わせるものがありました。

 

つまり、

一個の作品のかけらが、

この場とともに生まれつつある実感がありました。

 

書き手たちが、

自分のうちの鉱脈を掘り起こすきっかけを与えたことで、

この講座を開催する十分な価値を作れたと思います。

 

最後に、

みなさまのおかげで、

無事、第3回目の講座を終えることが出来ました。

 

本当に、

 

「ありがとうございます!」

 

次回、第4回目のクリエイティブライティング講座は、

2018年1月21日(日)に開催します。

 

なお、

過去に1度受講された方、

あるいは「きがるね」に一度でも参加されたことがある方は2000円引きにて受講出来るそうです。

 

お申し込みの際それをお伝え下さい。

 

みなさまのご来場、

心よりお待ちしております。

 

 

イベントの詳細はこちらから➡http://onomiyuki.com/?p=3327

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(笑顔がいい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出前きがるねvol.7

 

日時 2017/11/22(水) 15:00~16:00

 

実施先 鴨志田第一小学校放課後キッズクラブ

 

参加人数 12名

 

場所 体育館

 

レポート作成者 せいけん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、横浜市青葉区にある鴨志田第一小学校に行ってきました。

 

早速、スタッフさんと打ち合わせを済ませてから体育館に行くと子供達がやってきました。

 

 

 

 

 

 

全く話を聞かない子供たちだったのですが、

一緒にまねっこなどして、

擬音言を出しながら遊んだらなついてくれました。

 

あとは、

はい、

こっちのものです。

 

 

 

 

 

 

じゃんけん列車、

へびおに、

キャッチなど行い、

途中から子供たちからのリクエストに答えて、

私が鬼なってみんなを捕まえたりしました。

 

 

 

 

 

 

だるまさんが◯◯したを行うと、

(◯◯に笑う、歌う、踊るなどのお題が来る)

話を聞かない子供たちは、

見事に言葉通り動いてくれました。

 

そして最後は、

みんなでいつもどおり、

一本の樹をイメージして「きがるね」しました。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

子供たちと、

このような形で繋がれることができて、

とても充実した時間を過ごすことができました。

 

 

このような小さな一歩から、

自分たちのできることで、

暮らしの中にゆたかな風を送り込んで行きたいと思います。

 

 

 

お声をかけていただきありがとうございます。

 

 

出前きがるねvol.6

 

 

 

日時 2017/10/25(水) 15:00~16:15

 

実施先 小山台小学校放課後キッズクラブ

 

参加人数 やく24名

 

場所 小山台小学校体育館

 

 

レポート作成者 せいけん

 

 

 

 

 

急遽その日の1時間半前、

放課後キッズクラブのスタッフより電話が入り、

予定していたダンスの先生がインフルエンザでダウンしたため、

代理でワークショップをお願いできなかいとの依頼をいただきました。

 

 

日頃、

街中の至るところで、

神出鬼没のごとく「きがるね」しているだけなので、

即「OK!」と受諾後、

会場へレッツゴー!

 

 

そして、

先方のスタッフと

簡単に打ち合わせをしてから早速スタート!

 

 

いつもどおり、

みんなと一緒に遊び、

最後は定番お「お祈りしたら飛べちゃった」ダンスを実施。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

久しぶりに、

大勢の子供たちに向けて

ワークショップを行い気づいたことは、

子供たちの元気は半端ないということでした!

 

元気をもらうどころか、

その元気に圧倒されるばかりでした、本当に。

 

そして、

何より嬉しかったことは、

「先生と一緒に遊んでもらえて嬉しかった」

という感想を子供達からもらえたことでした。

 

この言葉をもらえただけで、

わたしは幸せです。

 

このようなつながりが、

ちょっとづつ、

広がったらいいな。

 

お呼びいただき

ありがとうございました。