身体(五感)を使って書くクリエイティブライティング講座vol.1 レポート 2017/5/28

 

 

 

 

きがるね

 

 

 

 

 

 

 

 

昼休憩

 

 

 

クリエイティブライティング

 

 

 

本日の講座の概要とルールが説明される。

「相手を批判しない」「良いところ見つける」「寝たければ寝ていい」など。

 

 

 

 

 

 

 

そして最初のお題の発表!

「子供の頃の思い出をかいている」

早速スタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のお題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私の顔」

について、執筆!

 

 

しかし、

すぐに執筆はしません。

(かきたくてとまらない人は除いて)

 

まずは、書くためのマテリアル(素材)を収集するため、

自分の頭の中の森へと狩りに出かけます。

 

そこで禅マップへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

早速

マップ作成。

 

 

 

 

 

 

 

 

禅マップを元に対話を繰り広げる。

 

 

 

 

 

 

参加者のグループごとで、

それぞれの禅マップに対して、

お互いにほどよく質問を浴びせてゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして徐々に執筆。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音読

 

次に、自分の書いたものを声に出して読みます。

10メートル先にも届くように大声で。

9歳の子供に読み聞かせるように。

など、要求が入ります。

 

 

 

 

 

 

次に、作品の回し読みをグループで行い、

気に入った箇所にポストイットを貼ってコメントしたり、

疑問に思ったことを率直に問いかける。

今度はポストイットに貼られたコメントを元に

 

みんなであれこれと話し合う。

 

 

 

 

 

今度はそれらのコメントを元にリライト開始。

中にはコメントにとらわれることなく書き続ける人、

あるいはコメントによって書くことが出来なくなる人などなど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表

 

受講者のみなさんには、

「私の顔」

というお題から、

それぞれの視点で創作したモノを

声に読んで発表してもらいました。

 

特に、創作ジャンルを規定していないため、

エッセイ、コラム、小話、童話、独白、小説のような物語など、

さまざまなタイプの作品が発表されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

書きましたが、

恐れおおくてまとめなどできません。

 

代わりに

感想と気持ちをちょびっと。。。

 

印象に残ったのは

「自分の中に読者を作る」と「感情の微分」

と、美由紀さんが言っていた言葉でした。

 

 

また個人的に、

このようなチャレンジングなWSに

自分は関わりたいと素直に思いました。

 

 

次回の開催は決まっていませんが、

またみんなで実施できたらといいなぁと思います。

 

 

最後に

参加者の皆さま

長時間(休憩を入れて9時間ですね)まことにお疲れ様です。

 

 

受講していただきまことにありがとうございました。

 

 

一同厚く御礼申し上げます。

 

(受講者のかなこさんの描いたノートは私たちへのギフトになりました。)

 

 

 

 

講師 小野美由紀 青剣

ファシリテイター 岡村麻美

受講者 12名

会場 オリンピックセンター和室

日時 2017/5/28 10:00〜19:00

 

 

 

 

コメント