出前きがるねvol.1

出前きがるねvol.1

 

日時:2017/5/27 19:45~20:25

 

会場:神奈川県民ホール

 

執筆者 せいけん

 

 

 

 

 

 自分自身が所属する

神奈川トーストマスターズクラブと川崎トーストマスターズクラブの合同例会後に

きがるねで実施する「アイスブレイキング」を実施させていただきました。

(ワークの説明をしている風景)

 

 

 これまで、縁あっていろいろなところでワークショップを実施させていただきましたが、

ほとんど記録に残すようなことはしておりませんでした。

 しかし、この機会を契機に、ちゃんと記してゆこうと思います。

 

 

(ETタッチで少しずつつながってゆきます)

 

 

 

 会場の広さや参加者の様子を見てその場で調整しつつ取り組みました。

(方角ジャンプに向けての準備)

 

 

 

ひべおにでは少年少女の頃の快活な元気があふれる。

(なんだかSFファンタジ〜のような写真が撮れました。)

 

 

 

 

 

ツンデレのワークではデレ役で本物の乙女になる方一名(も〜くん)

(この方はやっぱりすごいなぁと改めて思う)

 

 

 

 

 

さまざまなワークを通じて場があたたまる。

 

  

 

 

 今回実施したワークは、

ロボットさん、目と目があってパチン、ハイタッチ、

ロータッチ、ETタッチ、じゃんけん列車、キャッチ、

方角ジャンプ、ネームトス、ブラインドコネクト、ツンデレ、テレ、になります。

 

 

 

 

 

 最後に、仲良くなりすぎたので、

相手にヒザ蹴りを入れて終わろうと伝えて終わりました。

(嘘です。気づいたら、も〜くん一人が何故か真空飛び膝げりをしていただけです)

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 およそ40分程度の時間でしたが、

とても楽しい場を作れることが出来たのではないかと思います。

今後とも、このような縁が輪となって広がってゆければ幸せです。

 

 というのも、

きがるねで生まれたワークを、

少しでも外につなげて行ければと思うからです。

 

 この先、きがるねに参加される方々は、

答えのない中で自分たちで問いを立て、

さまざまなプログラムを生み出してゆくと思っています。

 

 主催者としてはそのようなプログラムをいろいろな場で展開してゆきます。

 

 そのためそのいくつもの道筋を生み出せればと思います。

 

 終わりに、

このような機会をくださった、

神奈川そして川崎トーストマスターズの運営に携わるみなさま、

誠にありがとうございます。

 

 この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

 

                            せいけん

コメント